王子製紙の原料調達方針(2005/5/14)


製紙業界の再王手である、王子製紙が、4月22日「木材原料の調達方針」を発表しました。(王子製紙プレスリリース

「紙の原料となる木材は、再生産が可能な優れた資源である。木材原料の調達にあたって、持続可能な森林経営により育成される資源をソースとするグリーン調達を推 進する。」と基本理念を述べ、@森林認証材の拡大、A植林木の増量、拡大、Bミリ用材の有効活用、C原料のトレーサビリティの確保、D情報公開の五つの指針を示しています。

紙についてのグリーン購入は古紙配合率を基本に基準化されてきましたが、ある程度技術的な限界が近く、パルプ原料の環境基準を作る必要性が出てきている、という方向にありましたが(グリーン購入と紙ーGPNセミナーから(2005/8/15)、今回の方針はその流れにそったものです。

大企業の社会的責任CSRが主導する森林認証材の需要拡大の流れを示しています。