リオ+20と持続可能な森林経営のための勉強部屋(出席準備編)(2012/5/27)

6月20日から三日間国連主催による「国連持持続可能な開発会議」リオ+20がブラジルのリオデジャネイロで開催されます。

COP10とかCOP17、京都議定書、愛知目標など新聞やニュースで日常的にふれるようになった地球環境問題ですが、その大きなきっかけになったのが、気候変動枠組み条約、生物多様性条約などが締結された1992年の国連環境開発会議(地球サミット)です。

それから20周年に当たり、@持続可能な開発と貧困根絶という地球の課題が「環境に優しい経済」(グリーンエコノミー)への転換という方向で解決する道筋、A持続可能な開発のための制度的枠組み、をテーマとして開催されます。

リオ+20公式サイトRio+20 - United Nations Conference on Sustainable Development
リオ+20国内準備委員会サイト
外務省: 国連持続可能な開発会議(リオ+20

13日から現地で開催される準備会合から11日間、世界各国から各国首脳、政府関係者、経済界、学会、NGOなど10万人が集まるそうですが、藤原もその一人として参加する計画を立てています。

「グリーンエコノミーといえば森林が主役になるはずなのに、そうなっていないのはおかしい」ということなのですが、政府代表でもない私か行くことによって大きな流れが変わるわけではもちろんありません。

今回の出席は、今後のリオ+40ぐらいまでをにらんで、「地球環境の視点から、日本の森林と木材を考える、産官学民の情報交流の広場をめざす」としているこのサイトをベースとした、日本発の森林と地球環境に関する情報発信の質と量の飛躍的向上を目指して、一人でも多くの人とのネットワークを作りをしてこよう、という目的です。

とはいえ、地球の反対側までいって、政府代表でもない人がリオ+20という会議に出席することができるのか?出席したとしても何か発表でもできるのか?だれを相手に何を発表するのか?何か発表するとして、参加者に伝わる言葉で正確に伝達できるのか?その前に、10万人も来るのにホテルがあるのか?飛行機は満席でとれないのでないか?仕事の方は休んで大丈夫なのか?
これらのことを、すべて一人で解決していかなければならない大変なイベントですが、このサイトの英語版、ウッドマイルズや地球環境に優しい木材の供給システムなど、いろいろな、大切な玉を用意して情報発信につとめてきますので、楽しみにして下さい。

関連する会合をピックアップしてみました(5月26日現在)

日時 名称 場所 主催
6/13
1300
Certification as a tool for greening economies Room: T-3 FSC
6/13
1930-2100
Forests in a global bioeconomy requires wise governance and management P3-A Sweden
6/14
1300
日本国内準備委員会セミナー 日本パビリオン 日本国内準備委員会
6/14
1930
Corruption, Forestry, and Sustainable Development P3-3 United Nations Office on Drugs and Crime (UNODC
6/13-15 国連経済社会理事会による第三回準備会合 国連経済社会理事会
6/17 Rio+20 Sustainable Development Dialogue (Forest Day) ブラジル政府
6/18 RIO+20 Side event of FAO,,ICFPA, BRACELPA and Partners
Forests: The Heart of a Green Economy
Ribalta Eventos FAO,ICFPA(国際森林・製紙産業協会)他
6/19 Forests; The 8th Round Table at Rio+20 Royal Tulip Hotel, Gavea Room CIFOR
6/20-22 国連持続可能な開発会議(リオ+20) 国連

出席記録などは別途のページを作成し報告します
全体会合のコンセンサスに関しては別途ページを設けます
「The Future We Want(私たちの望む未来)」リオ+20宣言のドラフトと森林

kokusai0-6<rio+20mae>