「眠れる日本の宝の山 〜林業再生への挑戦〜」クローズアップ現代(2012/12/25)

NHKの看板番組(?)クローズアップ現代で11月13日標記の番組が放映され、あちこちに反響がありました。(取材を受けたのに全然取り上げられなかった、というのも含めて)、

ドイツで林業木材産業が主要産業分野になっているように、日本の林業と木材産業がメジャーになるにはどうしたらよいか、という至って前向きな内容でした。

NHKの関連サイトも、動画はダイジェストですが、テキストでの丁寧な再生ができています。

放映された完全版は、動画サイトに投稿されています。

イントロに使われていた、ドイツの木材産業は80数万人の雇用があり、自動車産業並みという部分について、確認してみましたが、製紙、家具、印刷業なども含めた数字のようです。森林総研の堀さんなどにドイツの資料を紹介してもらって比較をしたのが以下の通りです。

林業
木材加工
販売業計
内林業 内木材加工
販売業
 
ドイツ 企業数 33257 26409 6848 2002年度
BMV(2004)Verstarke Holznutzung 
堀靖人 ドイツの林業木材産業
従業員数 522千人 35千人 487千人
日本 企業数 17810 林業構造調査報告書 (2006年)
木材需給報告書
国勢調査(2005年)
従業員数 211千人6 47千人 164千人

kokunai6-29(kurogen2012)