京都議定書議長国の森林吸収源対策−地球温暖化防止森林吸収源10ヶ年対策まとまる (2003/2/11)

12月26日農林水産省は、地球温暖化対策大綱において国民的課題とされた森林による吸収量1300万炭素トンの確保を目ざす、地球温暖化防止森林吸収源10ヶ年対策を発表しました。

@健全な森林の整備、A保安林等の適切な管理・保全等の推進、B木材、木質バイオマス利用の推進、C国民参加の森林づくり等の推進、D吸収量の報告・検証体制の強化が柱です。

早速03年度の予算にも吸収量報告のための情報の整理と一元管理をするためのシステム整備のための予算など新規の事業が認められました。

関連資料

本サイト内の関連ページ  
林野庁関連ページ 森林吸収源10カ年対策と本文と概要のダウンロード

環境庁関連ページ

新たな地球温暖化対策推進大綱の決定について
EOFのホームページ 環境団体の反応

毎日新聞
アサヒコム

マスコミ報道ぶり