21世紀の森林整備の推進方策のあり方に関する懇談会(2005/8/7)

林野庁で開催していた表記の懇談会の中間報告案が公表され、意見と情報の募集が始まっています。(→林野庁HPこちら

地方の公社造林についての検討会だと思っていたのですが、森林整備についての幅広い検討をしています。

研究会の過程で配布された以下の資料を資料室におきます。

日付 資料名
第一回 4月12日 資料1   我が国の森林と森林整備に関する施策の経緯
資料2   民有林造林の推進手段としての公社造林
第二回 5月17日 資料    これからの森林整備政策の推進方向
第三回 7月5日 追加資料 木材の利用推進と供給体制整備について
       公的機関による分収造林について
       既往のコスト・債務について

特に、第一回の資料の「我が国の森林と森林整備に関する施策の経緯」は第二次大戦直後の政策当局が置かれていた立場や、その後の展開について大変わかりやすく解説されていて、参考になります。