バンクーバー五輪:木造施設の木材履歴(2010/2/28)

図1 オリンピックオーバルの外観
Forestry Innovation Investment Ltd.

開催中のバンクーバーオリンピックの施設は、建築物グリーン建築基準で評価していますが、BC州政府などが肝いりで木造建築の可能性を提示してます。

スピードスケート会場となったオリンピックオーバルは約100m×約240mの木を主体とした構造の屋根が特徴。屋根の構造は、木と鉄骨を組み合わせた約100mのアーチ状の梁で、梁は地元のだクラスファー集成材。天井材は、通常に生産・流通している規格部材である2×4工法の木材を幾何学的に配置し、構造と音響の両方の効果を考慮しているそうです。

図2普通の規格木材で
大きなアーチを作る
Forestry Innovation
Investment Ltd.

施工したforest inovation incのサイトからオリンピックオーバルの説明書に丁寧な解説があります。これによると、使用された木材が2900トンの二酸化炭素を貯蔵していること、他のエネルギー多消費型の資材を使うより5900トンの二酸化炭素を節約し、あわせて8800トンの二酸化炭素を節約しており、これは800世帯が一年に消費するエネルギーに当たるとしています。

オリンピック委員会の公式サイトにも各施設ごとの持続可能性を示すページがあり、オリンピックオーバルのページには、材の原料は内陸のロッジポールパインのマウンテンビートルの被害材であることが記載されています。

その他の木造建築も木材の履歴についての説明がしてあり、The Trout Lake Community Centerの集成材や柱は2006年の大規模なスタンレー公園風害材を利用しているとの説明があります。
Sustainable building Vancouver Olympic venues bask in green glow

木造施設の木材の持続可能性をどう担保するかという、議論があり、すべて森林認証材なのだそうですが、FSC材をどれだけ使っているかという議論もされてきました。
BC州シエラクラブのサイト

オリンピックという世界中の関心イベントの施設については、建築関係者からも注目を集めていて、日経BP社のHPケンプラッツ住宅建築でも木造オリンピック施設の紹介特集を組んでいます(4月になると会員限定になるそうです)
バンクーバー“エコ”五輪(1)木屋根の大アリーナ
バンクーバー“エコ”五輪(2)高窓と木梁の造形美
バンクーバー“エコ”五輪(3)木の柱と梁の大空間
特集の最後は以下の文章です
バンクーバー五輪の競技施設は、循環型のエコ素材である木材の採用や施工時の省エネルギー化など建物のライフサイクル全体を通して環境への影響を少なくした建築を目指している。また、競技施設は五輪後も市民が利用できるよう用途を計画した。活用面での持続可能性についても考慮された建築だ。

junkan3-1<vancgorin)