南東アラスカ クルージングの旅「フィヨルドの原生林から日本の神社へ――つながる環境の輪」2006/10/ 9)


南東アラスカ旅行への同行者から投稿がありました。(一般市民の目線から)

皆さんがアラスカと聞いて連想するのは、オーロラ?北極熊?氷河?マッキンリー? おそらくこのリポートで取り上げる南東アラスカを思い浮かべる人は少ないだろう。カナダに接する細長いメインランド(大陸本土)と大小1000以上の島々からなる、フィヨルド地形の海岸線が入りくんだ地域で、沿岸を流れる暖流がもたらす温暖多雨の気候は、カナダを含むこの一帯に世界最大の温帯雨林とその恩恵を受けた豊かな生態系を育んだ。この美しい多島海地域の大自然の中を、野生動物たちに囲まれてモーターヨットHERON(あおさぎ)号で旅した1週間のことを、ぜひ皆さまにお伝えしたい。

藤原美佐子

つづきはこちらから