G8サミットに向けたGoho-wood円卓会議の開催など(2008/6/15)



違法伐採総合対策推進事業は3年目を迎えましたが、違法伐採問題をリードしてきたG8サミット北海道洞爺湖会合が目前となっており、6月27日に、標記の円卓会議を「地球環境国際議員連盟(GLOBE International)と語る合法木材供給システムの将来」という副題のもとに行うことになりました。

日本の違法伐採の取組Goho-woodを、「サプライチェーンを使った販売証明書の連鎖」、「ハイリスク・ローリスクを問わない内外無差別取組」というように、国際的な文脈の中でしっかりとらえ直し情報発信をすると共に、率直な意見交換をしようというものです。
詳細はこちらから

また、今年の違法伐採総合対策事業は最終年で、「@需要者に対するPRを展開し合法木材を実需に結びつけると共に、Aそれに応え、信頼性のある合法木材製品の安定的供給体制づくりをし、これらをあわせて、自立的な合法木材ビジネスの展望を明らかにする年である。」(平成20年度違法伐採総合対策推進事業の進め方についてという位置づけです。

さらに、ガイドラインを基本に立ち返って議論し直す、証明方法検討部会も具体的な動き出しとなります。

今後、小HPでもフォローしてゆきますので、よろしく

boueki<gohoRT>