英国の違法伐採に対する調達方針とCPET(2006/11/12)


日本に先行して違法伐採問題の政府調達方針を実施している英国で、政府の調達方針に関する情報提供と、調達者、供給者に対するアドバイス、各種証拠の評価など中心的な役割を担ってるCEPT(Central Point of Expertise on Timber)の関係者から意見を聞く機会がありました。

英国政府の違法伐採に関する調達方針は、すべての契約は最低限の要求事項として合法材であることが求められ、持続可能な木材望ましいとされています。(契約における要求事項

合法性と持続可能性にの証拠は次の二つの方法で評価されます。

カテゴリーAの証拠(森林認証スキーム)
CPETによって以下の5つの制度が評価されています。
CPETによる認証スキームの評価

ロゴ

認証制度

合法性

持続可能性

詳細

Canadian Standards Association (CSA)

Canadian Standards Association (CSA)

Yes

Yes

Click here for for contact information and samples of labels and certificates.

Forest Stewardship Council (FSC)

Forest Stewardship Council (FSC)

Yes

Only products or product lines containing >70% certified or recycled raw material.

Click here for for contact information and samples of labels and certificates.

Malaysian Timber Certification Council (MTCC)

Malaysian Timber Certification Council (MTCC)

Only products containing 100% certified raw material.

No

Click here for for contact information and samples of labels and certificates.

Programme for the Endorsement of Forest Certification (PEFC)

Yes

Only products or product lines containing >70% certified or recycled raw material.

Click here for for contact information and samples of labels and certificates.

Sustainable Forestry Initiative (SFI)

Yes

Only products or product lines containing >70% certified or recycled raw material.

Click here for for contact information and samples of labels and certificates.


カテゴリーB(その他の方法)

森林認証以外の証明方法はカテゴリーBとされ、その枠組みについての解説書が提示されています。
「カテゴリーBの証拠についての評価の枠組み(第一版)2006年6月」(pdfファイル→Framework for evaluating Category B evidence
川上から川下までの全課程のサプライチェーンについてのチェックリスト、森林の管理の合法性、持続可能性についてのチェックリストなどからなっています。(現在開発中であり、まだ実施には移されていない模様)
チェック項目は詳細にわたり、「森林認証をとる方が簡単」と言うことになりかねない内容です。