日本政府の違法伐採への取り組み督促ーOECD環境保全成果レビュー(2002/2/11)

OECDが行った我が国の環境政策のレビューが公表されました。

その間勧告部分で、「輸入木材を持続可能に管理された森林から採取されたものとする手段を開発すること」が指摘されています。

世界でトップクラスの木材輸入国である日本が、違法伐採の根絶という分野で地球環境に貢献する余地はもっと大きいという指摘です。


環境庁の関係サイト

OECDの関係サイト

CONCLUSIONS AND RECOMMENDATIONS(英文)[PDFファイル]

「結論及び勧告」(環境省仮訳)[PDFファイル]