米国の違法伐採対策法レーシー法の執行状況

米国違法伐採問題に対処するための水際対策であるレーシー法の改正が2008年12月に施行されました。

法律本文こちらから http://www.govtrack.us/congress/bill.xpd?bill=h110-2419
米国農務省レーシー法トップページ→こちら

木材木材製品を米国に輸出するに当たって、輸出申告に当たって品名・価格・数量などとともに木材が伐採された産地国と木材の樹種を申告させる、というのが法律の内容です。
申告書様式

4月から順次対象を拡大しながら実施しようということのようで、現在段階実施に関する意見募集が始まっています。

この間の経緯を整理します


2007年 3月13日 下院にて「違法伐採対処法案:Combat Illegal Logging Act of 2007(H.R.1497)」提案
8月1日 上院にて「合法木材保護法案:Legal Timber Protection Act(S.1930)」が提案
11月7日 下院(天然資源委員会)にて、上院の法案(S.1930)との整合等が図られたH.R.1497の修正案が可決
12月14日 上院にて「農業法案:Farm, Nutrition, and Bioenergy Act of 2007(H.R.2419)」(下院を通過し上院で審議されていたもの)にS.1930の内容を付加した修正案が可決。
2008年 5月14日 両院による調整を了し可決
5月21日 大統領が拒否権を行使(レーシー法関連条文とは関係ない論点)
5月22日 再可決により成立
10月 8日 政府(米国農務省(USDA)動植物検疫局(APHIS))がレイシー法に関する告示を官報に発表。パブコメ受付期限は12月8日。(申告内容及び実施スケジュール)
12月15日 施行
2009年 2月3日 政府(米国農務省(USDA)動植物検疫局(APHIS))がレイシー法に関する告示を官報に発表(段階的実施に関するスケジュール改訂)
4月6日 パブコメ受付期限

施行後のスケジュール

Tフェーズ
20093月まで
Uフェーズ
2009年4月から9月
Vフェーズ
2009年10月から翌3月
Wフェーズ
2010年4月から9月
12月15日以降ウェブ上で申告書様式公開
国内外での広報活動
44類(木材・木材製品)
4401燃料材
4403丸太
4404棒・杭
4406枕木
4407製材
4408単板
4409加工木材
4417工具の柄
4418建具
44類(木材・木材製品)
4402木炭
4405木毛
4410削片版
4411繊維板
4412合板
4413改良木材
4414木枠
4415木箱
4416たる・おけ
4419台所用品
4420小像、寄木
47木材パルプ
4701機械木材パルプ
4712化学熔解パルプ
4703亜硫酸パルプ(サルファイトパルプ)
4704亜硫酸パルプ(サルファイトパルプ)
4705機械的および科学的パルプ工程の組み合わせにより製造した木材パルプ 
44+4421
48類紙・紙製品
4801新聞紙
4802印刷用紙及び筆記用紙
4803トイレットペーパー、化粧用ティッシュ
4804クラフト紙及びクラフト板紙
4805その他の紙及び板紙
4806硫酸紙、耐脂紙、トレーシングペーパー、グラシン紙その他の透明又は半透明の光沢紙
4807接着剤を使用して張り合わせた紙及び板紙
4808コルゲート加工紙など
4809カーボン紙その他
4810コート紙
4811
94類家具その他
840169木製フレーム腰掛け
940330木製オフィス家具
940340木製台所家具
940350木製寝具
940360その他木製家具
94039070木製家具部品






boueki4-38<LaceyACT2>