FSC認証虎の巻ーコンサルタントの認証マニュアル公開(2002/4/11)

FSCの森林認証は本部が作成している「FSCの原則と規準」に基づいて行われますが、公開されているこの原則は基本的精神が書いてあるもので、それだけで自分の山が認証されそうか判断することは困難です。

実際の認証作業はFSCに認定されている認証機関が自ら作成したマニュアルに基づいて行っています。

英国に本部を置くFSC認証大手のソイルアソシエーション社が認証時に使用している社内基準が日本のパートナーであるアミタ株式会社によって和訳されています。

FSCの10の原則と規準ごとにソイルアソシエーションが設定している内部規準、チェックリスト、それぞれの項目の配点、認定決定方法などが記載されています。

これを見ると、認証を受ける側ではFSCの課しているハードルがどの程度のものかわかって大変好都合です。こういうものが公開されていることがFSC認証の強みなのかもしれません。認証を検討されている方は一読をお勧めします。


配布希望の方はご連絡下さい


(この件についてはは林野庁計画課平井さん、アミタ株式会社井ノ口さんにお世話になりました)