国内森林認証の一つの方向ー「東三河環境認証材」認証制度検討報告書(2003/05/13)

日本型認証制度の審議会に2回出席しました。議事録がなかなか公表されないので審議の内容の細部についてはタイミングを見て報告しますが、今後の方向として、地方の森林認証を巡る先進的な動きが出てきており、そういう動きとタイアップしてゆくことが、この日本型認証制度が活性化する一つのポイントだと思います。

最近送っていただいた、「東三河環境認証材」認証制度検討報告書もその一つです。

東三河流域森林林業活性化センターの需要拡大部会、NPO法人穂の国森づくりの会が作成したものです。三河材ブランド化や三河材流通加工センター(HOLZ三河)など木材業界の共同作業、豊川流域の穂の国としての地域連携、などの蓄積の上に出来たものですが、国際的な認証の水準も視野に入れながら地に足をつけた柔軟な発想の報告書です。

いただいた報告書の情報を資料室におきます。