FSCの原則基準の全面改訂作業(2009/8/15)

 

1994年に作成され、2度ほど部分的改訂がなされたFSCの森林認証の原則基準が、全面的な改訂作業を行っており、改定案が公開されパブリックコメントを求めています

改定案全文Complete Version 5-0 Draft 2-0 of the FSC P&C 

次表が新旧の10原則の枠組みです

改定案原則 現在版原則
Principle#1 Principle Compliance with laws and FSC Principles
法律とFSCの原則の遵守
Compliance with laws and FSC Principles
法律とFSCの原則の遵守
Principle#2 Workers rights and employment conditions
労働者の権利と雇用条件
Tenure and use rights and responsibilities
保有権、使用権および責任
Principle#3 Indigenous and traditional peoples' rights
先住民と伝統的住民の権利
Indigenous peoples' rights
先住民の権利
Principle#4 Community Relations
地域社会との関係
Community relations and worker's rights
地域社会との関係と労働者の権利
Principle#5 Benefits from the forest
森林のもたらす便益
Benefits from the forest
森林のもたらす便益
Principle#6 Ecosystem Functions
生態系の機能
Environmental impact
環境への影響
Principle#7 Management planning
管理計画
Management plan
管理計画
Principle#8 Monitoring and assessment
モニタリングと評価
Monitoring and assessment
モニタリングと評価
Principle#9 Management of high conservation values
高い保護価値の管理
Principle #9: Maintenance of high conservation value forests
Principle#10 Management Activities
管理のための活動
Plantations
人工林

FSCの10の原則を私は、@経営の社会的責任(1-4)、A森林の多面的機能(5,6,9,10)、Bマネジメントシステム(7,8)の三つのカテゴリーに分けて考えるとわかりやすいと思っています(例えば日本の森林管理者にとって難しさはB、A、@の順など、小HP県産材認証とFSC 認証の間ー地域材認証にグローバルスタンダードの視点を、参照)

10の原則の下に62の基準ぶら下がっていますが、そのうち14が新規に作成されたもの、残りは今までの基準を見直したものとなっています。

今回の改訂の性格をみる場合新規作成の部分が重要な意味を持っていると思いますが、その辺のところがわかりやすいように新旧対照表を作成しました(こちらからエクセルファイルをダウンロード)。先ほどのカテゴリーごとに新規項目をみてみると、@9,A4,B1となっています。どんな部分にFSCが汗を流しているかがわかります。

また、天然林を人工林など転換することの評価(原則6基準7)の部分がまだ提案に行き着いていないようです。重要な論点です。関連して温暖化ガスの吸収源としての評価といった部分がほとんど記載されていないというのも気になるところです。

日本のように森林の4割を大規模な造林地に転換した経験がある国は世界に中にもあまりないので、これの冷静な評価(温暖化ガスの吸収源・地域材の供給源としてもの面、スギ花粉源拡大としての面などなど)がなされると、国際的な貢献となるということなのではないでしょうか。

パブリックコメントは9月4日が締め切りです。(提出用紙などはこちらにあります

sinrin2-14<FSCP&C2009>