REDDに関する辛口コメント:再開したCIFORの研究評論の論調(2011/9/29)

インドネシアに本部がある国際林業研究センター(CIFOR)は1997から所長の個人的な執筆で政策担当者向けの最近の研究動向をフォローしたPOLEXというニュースレターを配信してきました。

所長が交代になってから中断していましたが新たな共同の執筆体制で再開を始めました。

CIFORの研究だけでなく、国際政策に関係のありそうな最近の政策研究の概要を知ることができます。全文が日本語に翻訳されるので便利です。

POLEX日本語のサイトから再開後のタイトルリストを引用します

気候変動枠組み条約で議論されているREDD(森林減少と森林劣化 による排出の削減)は他の課題の合意が難しい中で、この課題だけコンセンサスが進むという状況になっていますが、本来途上国の森林管理がそんなに簡単な課題ではないことは森林関係者が強調しておかなければならない点でしょう。

kokusai2-41<POLEXsaikai>