エコプロダクツ2015の中の森林と木材(2015/12/20)

12月10-12日の3日間、東京ビックサイトでエコプロダクツ2015が開催されました。

小サイトではグリーン購入パワーを示す指標としてエコプロダクツ展の来場者をフォローしてきました。
エコプロダクツ展2005が示す組織的グリーン調達パワー(2006/1/9)
エコプロダクツ2011のグリーン購入パワーの回復度(2011/12/23)


 年 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014  2015
参加団体  750 721 745 752 711 702
 入場者数 173917 182510 183140 181870 178501 169075 161647  16188

2010年の183千人をピークに減ってきた入場者数が、5年ぶりに増えました!

今年のトピックスはウッドデザイン賞

 ウッドデザイン賞は、木の良さや価値を再発見させる製品や取組について、特に優れたものを消費者目線で評価し、表彰する新しい顕彰制度です。
これによって“木のある豊かな暮らし”が普及・発展し、日々の生活や社会が彩られ、木材利用が進むことを目的としています。
受賞者には、様々な広報・PRの場を提供するとともに、生産から消費に関わる人のマッチングを進めていきます
(創設の趣旨)

応募対象分野

建築・空間、木製品、取組、技術・研究等、木に関するあらゆるモノ・コトが対象

表彰部門

ライフスタイルデザイン部門
木を使って暮らしの質を高めているものが対象
ハートフルデザイン部門
木を使って人の心を豊かに、身体を健やかにしているものが対象
ソーシャルデザイン部門
木を使って地域や社会を活性化しているものが対象

賞の構成

最優秀賞
1点
優秀賞
数点×3部門
奨励賞
数点×3部門
ウッドデザイン賞(入賞)
第二次審査を通過したものすべて 

第一回最優秀賞【農林水産大臣賞】は、「みんなの材木屋」発 森と暮らしを創る六次産業化モデル( 株式会社西粟倉・森の学校)

【審査委員会コメント】
木材流通を消費者目線によって再構成し、暮らしの中の木づかいを身近にした先進性ある取組である。供給側と消費者とのダイレクトコミュニケーションによって、自分でつくる喜びを提案し、新たな市場を拓く試みにつながっている。半完成品型のプロダクツもわかりやすく、ウッドデザイン賞の趣旨を満た
す最も優れた活動として評価した。

ぜひ訪問してみてください。「みんなの材木屋

こちら(pdfファイル)「本年度新たに創設された『ウッドデザイン賞2015(新・木づかい顕彰)』の農林水産大臣賞・林野庁長官賞・審査委員長賞40 作品が決定!」で、受賞作品を見ることができます。

kokunai3-48(ecopro2015)