生物多様性保全と持続可能な消費・生産(2018/1/21)

NPO野生生物保全論研究会(安藤元一会長)が2016年度から実施している、「生物多様性保全を促進する消費・ライフスタイル形成、普及に関する調査研究・啓発活動〜普及啓発の論拠の点検から持続可能な消費・生産(SDGs目標12)、地域活性化との連携・展開を目指して〜」というプロジェクトに参画してきましたが、このたびその中間報告書が公表されました。

報告書発行『生物多様性保全と持続可能な消費・生産』

持続可能な開発目標SDGsの12番目の課題に位置づけられている、持続可能な消費と生産の実現という大きな目標ですが、これに取り組んでいる関係者に、森林林業分野の蓄積である森林認証や、合法性証明の話がどのように位置づけられるのか、また、建築関係者と山側の生産者と二つをつなぐ、ウッドマイルズフォーラムが取り組んできた木材調達チェックブックなどを紹介しましたが(次表目次2章(2))、これらの活動がどのように受け止められるのか、興味深いプロジェクをトでした。

目次は以下の通りです

 はじめに
第1部 消費・生産×生物多様性保全の事例
1章 エシカル消費
(1)フェアトレードと持続可能な生産・消費
(2)違法伐採と公平な流通
(3)持続可能な鉱物資源調達に向けた取り組みと今後の展望〜民間団体による取り組みも交えて〜
(4)スマートフォンやアプリを活用した情報提供と情報収集
2章 生産と地域の活性化
(1)市民参加で都市農業を守り育てる〜生活クラブ生協・東京の取り組み〜
(2)持続可能な循環社会の主役としての木材へ−消費者・需要者と森林の管理者の連携のために(藤原)
(3)ジビエの持続可能な利用に関する課題
(4)農村環境と持続可能な生産・消費
(5)ビジネスを変える「サステナブルな企業への転換−生物多様性保全への取り組み方」

第2部 その活動は生物多様性を損なっていないか
1章 野生生物とその保護
2章 活動に参加する上での留意点
3章 自然保護とは何を守るのか 〜「守る」手法の変容
4章 CITESの国内実施−決議10.10の解釈を中心として

まとめ
持続可能な開発・発展目標(SDGs)と消費・生産の変革地球サミット(1992年)からSDGs(2015年)の今後へ

1月20日に研究会 生物多様性保全とSDGs目標12:持続可能な消費・生産があり全体像をあらためて確認しました。

どのようにして、緑の消費が主流化していくのか?難しい課題ですが、サステイナブルな企業への転換の契機(2章の5)、消費者運動の長い歴史をど踏まえた展望(まとめ)など、含蓄があります。

今後の活動にも注目してください。

junkan1-14(bd&sd)