アジア森林パートナーシップ第8回会合(2009/7/13)

5月27日(水曜日)〜5月29日(金曜日)の間、インドネシア共和国バリにおいて、違法伐採対策の推進を含む、アジア地域の森林の持続可能な経営の推進を目的とした「アジア森林パートナーシップ(AFP)第8回会合」が、違法伐採及びそのREDD(途上国における森林減少・劣化に由来する排出の削減)への影響をテーマに開催されました。

林野庁プレスリリース
会合に関する公式なHP(CIFOR 英文)

事務局が用意した討議資料、「責任あるそして合法的な林業の観点から見たREEDの検討」には森林認証と違法伐採対策の経験をREDDの議論に生かしていくべきだと論じています。
REDD, Green or White? Exploring REDD from the perspective of responsible and legal forestry

AFPの概要について外務省ページ
本HPの過去の会合に関するページ

chikyu5-3<afp8>