日本にとっての国際森林年2011(2010/8/21)
 

2006年の国連決議に基づき来年2011年は国際森林年です。(再び国際森林年(小サイト)

ロゴ使用申請中

国連でロゴが発表された機会に、林野庁のプレスリリースがありました

国連決議には、 concerted efforts should focus on raising awareness at all levels to strengthen the sustainable management, conservation and sustainable development of all types of forests for the benefit of current and future generations「現在・未来の世代のため、全てのタイプの森林の持続可能な森林経営、保全、持続可能な開発を強化することについて、あらゆるレベルでの認識を高めるよう努力すべき」という理念が示されています。

森林政策の国際化という視点にたって私たちの活動を見た場合、日本の関係者の貢献には二つの面があると思います。

一つは熱帯林の管理に苦労している途上国の支援。気候変動枠組み条約のREDD+で日本の官民の実力が試されると思います。

もう一つ、国際森林年を前にして、日本では森林林業再生プランの具体化といった日本の森林制度の骨格についての作業が行われています。これらの作業が、国際的な意味づけをもって議論され、日本の森林管理制度面や木材利用の面での新たな制度が、海外に発信され、国際森林年をリードする、という視点です。

行政の「政治主導」がともすれば選挙民向けの内向けのベクトルを持つことは仕方がないこととしても、国際森林年の前年という機会に日本の森林政策の基本的な点が議論されることをチャンスとして、スケールの大きな検討が行われ、対外的な発信が活発にされることを期待します。

決議が言及している文書は、今までの国際社会の中で森林分野でのコンセンサスのペーパーの一覧表と言っていいでしょう。リンク先と共にリストアップします。

     Reaffirming its commitment the Non-legally Binding Authoritative Statement of Principles for a Global Consensus on the Management, Conservation and Sustainable Development of all Types of Forests和訳森林原則声明)and Agenda 21, adopted at the United Nations Conference on Environment and Development, the United Nations Millennium Declaration国連ミレニアム宣言) adopted at the Millennium Summit in 2000, the Johannesburg Declaration on Sustainable Development和訳持続可能な開発に関するヨハネスブルグ宣言) and the Plan of Implementation和訳世界首脳会議実施計画)adopted at the World Summit on Sustainable Development, held in Johannesburg in 2002,

           Recalling the Convention on Biological Diversity生物多様性条約), the United Nations Framework Convention on Climate Change気候変動に関する国連枠組条約), the United Nations Convention to Combat Desertification in Those Countries Experiencing Serious Drought and/or Desertification, Particularly in Africa砂漠化対処条約), and other relevant conventions dealing with the complexity of forest issues,

           Recognizing that forests and sustainable forest management can contribute significantly to sustainable development, poverty eradication and the achievement of internationally agreed development goals, including the Millennium Development Goalsミレニアム開発目標

           Recalling Economic and Social Council decision 2006/230 of 24 July 2006,

           Emphasizing the need for sustainable management of all types of forests, including fragile forest ecosystems,

chikyu1-19<IYF2011>