欧州カナダ貿易条約の中の森林(2017/7/23)

先進国同士の連携協定で自らの国内の森林管理のリスクを認めて協力し合うというシステムができるのか、という問題意識で、日本EU経済連携協定を見ていく中で、そこに引用していた、先行条約である欧州カナダ貿易条約に興味を持ちました。。

以下に掲載されています。
Canada-EU Comprehensive and Economic Trade Agreement

CHAPTER TWENTY-FOUR - TRADE AND ENVIRONMENT

Trade in forest products

  1. The Parties recognise the importance of the conservation and sustainable management of forests for providing environmental functions and economic and social opportunities for present and future generations, and of market access for forest products harvested in accordance with the law of the country of harvest and from sustainably managed forests.  1 両国は森林の保全と持続可能な森林管理が、現在の将来の環境的、経済的、社会的なチャンスを得る上で重要な課題であることを認める。また、持続可能な管理をされ適正に伐採された木材の市場アクセスも重要な課題である。

2. To this end, and in a manner consistent with their international obligations, the Parties undertake to:

(a) encourage trade in forest products from sustainably managed forests and harvested in accordance with the law of the country of harvest;

(b) exchange information, and if appropriate, cooperate on initiatives to promote sustainable forest management, including initiatives designed to combat illegal logging and related trade;

(c) promote the effective use of the Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora, done at Washington on 3 March 1973, with regard to timber species considered at risk; and

(d) cooperate, where appropriate, in international fora that deal with the conservation and sustainable management of forests.

2 このために両国は以下の措置を執る

(a) 持続可能に管理され、伐採された国の法令にもとづいて伐採された木材の貿易を奨励する

(b)違法伐採とその流通への対応を含む持続可能な森林に向けて意見交換をし、可能であればその政策に協力する。

(c)絶滅の危機にある木材種を守るためワシントン条約の利用を進める

(d)持続可能な森林のための国際的な取組に協力する
 3. The Parties shall discuss the subjects referred to in paragraph 2, in the Committee on Trade and Sustainable Development or in the Bilateral Dialogue on Forest Products referred to in Chapter Twenty-Five (Bilateral Dialogues and Cooperation), in accordance with their respective spheres of competence. 3 第二項に記載された事項について、両者の協議の場で議論を続ける

カナダから米国への林産物の輸出に対して米国が相殺関税をかけていることいる(それをカナダが容認している)こと、EUの域内の違法伐採のリスクなど、本来この手の条約でカバーすべき事案があるはずですが、まだまだ、途上にあるのでしょうね。

米、カナダ産材木に20%関税の仮決定 カナダ側は反発
昔のものですが、カナダ産針葉樹相殺関税問題の我が国との関係(勉強部屋)

、boueki7-12<CanadaEUCETA>