気候変動枠組み条約の今後の展望と吸収源の位置づけ(2018/9/23)
 図1 2度C・1.5度目標とプレッジのギャップ
SEEPS2018山口論文4ページ

環境経済・政策学会2018に出席しましたが、そのポイントの一つは、気候変動枠組み条約の議論の進展の大きな枠組みのなかでの、森林の位置づけ、取り扱いの方向性です。

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の主要なメンバーであった地球環境産業技術研究機構 山口光恒氏が「2030年及びそれ以降の気候変動戦略-短期・中長の観点から」ど題する報告をされたので、その内容を紹介します。

2030 年及びそれ以降の国際枠組みの検討と題する論文(以下SEEPS2018山口論文)がネット上に掲載されています。

(パリ協定の長期目標と各国の短期誓約(プレッジ)のギャップ)

パリ協定は気温上昇を(工業化前の時代に比べ)2度C以下に抑えることとし(第2条1a)、その達成に向けて参加国は自主的目標(プレッジINDC)と提出し(第3条)、それをチェックしていくというしくみになっています。

SEEPS2018山口論文では、提出されたINDCの内容と長期目標との関係を、既報のさまざまな論文を根拠に詳しく分析しています。

その結果をしめすのが、図1で、現在提出されているプレッジが達成されたとしても、2度Cに向かっていくことは難しい、としています。

根拠とされた引用論文:UNEP (2017), “The Emissions Gap Report 2017, A UN Environment Synthesis Report”, November 2017

(ギャップを埋める大量の吸収量)

 
 図2 2度達成シナリオの例示
SEEPS2018山口論文26ページ

このギャップの整合性をとるためには、大量のマイナス排出(MNEs)が必要となります。

その例示が、図2です。

時間軸は2010年から2100年までですが、排出量から吸収量を差し引いたネットの排出量は2090年ごろまでにゼロにする必要があり、2010年の段階でGHG排出量は20Gtほどあるが、それを上回る吸収量が必要となります。

吸収量は茶色のバイオマス地中埋設(BECSS),と、灰色の土地利用(ほとんどが森林(植林・再造林)からなっています。

BECCSについては、森林を畑にしてバイオマスを地中化するBECCSの功罪ーNature Communication掲載論文(2018/8/18)などを参照していただくことにして・・・

「AR/RF であるが、同じく2℃目標を前提にすると、吸収量は2100 年に中央値が1.1GtC(最大で3.3GtC)となり、こちらはha あたりの吸収量を中央値の3.4tC とすると、1.1-3.3GtC を吸収するのに必要な土地面積は3.2〜9.7 億ha となる」(SEEPS2018山口論文25ページ)としています。

根拠とされた引用論文:Smith et al. (2015), “Biophysical and economic limits to negative CO2 emissions”, Nature Climate Change 6 42-50

(一定の森林の吸収量(若齢)がそのままカウントされ、若齢に維持されたまま、収穫された木材が、腐朽せずに隔離される、という前提でモデルがのようですが、引用論文までチェックしていません)

その他、大量の吸収源METsの評価に関して引用された文献以下の通り
Anderson, K., and Peters, G. (2016), “The trouble with negative emissions, Reliance on negative-emission concepts locks in humankinds’s carbon addiction”, Science 354 182-183
Williamson, P. (2016), “Scrutinize CO2 removal methods”, Nature 530 153-155
Newbold et al. (2015), “Global effects of land use on local terrestrial biodiversity” Nature 520 45-50

SEEPS2018山口論文では「寡聞にしてモデル計算以外で数百億トン単位でのNEs を可能とする説得力のある文献は見ていない。こうしたこと、それに種の多様性とのTrade-off や住民の反対を含む社会経済的要因を加味すると、ほとんどの専門家はMNEs は実現困難と考えていると思うし、こうした状況の中でこれほど多量のBECCS を前提にして目標を組むのは一種の賭けではないかと思う」としています。(SEEPS2018山口論文29ページ)

SEEPS2018山口論文では根拠の論文が丁寧に紹介されており、是非多くの森林関係者が、,この論文を一読されることを期待します。

以下に目次を掲載します

1、パリ協定の内容 p.3
2、2030 年に向けてのプレッジと長期目標のギャップ p.3
3、プレッジの内容 p.5
4、プレッジの履行可能性 p.8
4-1 Nature 誌のコメント p.8
4-2 アメリカの状況分析 p.9
4-3 プレッジの信頼性からの分析(特に途上国について) p.9
4-4 コスト面からの分析 p.9
5、先進国プレッジ不履行の場合の対応(短期の観点から) p.11
5-1 Global Stocktake と促進的対話 p.11
5-2 Equity(衡平性)を基準にした評価 p.12
5-2-1 文献からみたEffort sharing(Burden sharing) p.12
5-2-2 Effort sharing の問題点と対応 p.15
5-3 削減コストから見たプレッジの評価 p.17
5-3-1 Aldy とPizer の論文 p.17
5-3-2 Aldy, Pizer & Akimoto の論文 p.19
5-3-3 モデルによるコストの相違 p.19
5-3-4 BAU に敏感なコスト p.21
5-4 先進国プレッジ不履行の場合の対応(短期の観点から) p.22
5-4-1 多様な指標による評価 p.22
5-4-2 プレッジ内容の透明化 p.23
5-4-3 プレッジの実現可能性に関する自国による見直し p.23
5-4-4 2℃目標との整合性の自国による検証 p.24
6、長期対策としての2℃目標と政策指針としてのCO2 ゼロ排出 p.25
6-1 2℃目標と大量のマイナス排出(MNEs)の可能性 p.25
6-1-1 MNEs の仮定の上に成り立つ2℃目標 p.25

6-1-2 MNEs の実現可能性 p.27

6-2 エネルギー需要大幅減の可能性 p.29
6-3 2℃目標の再考 p.30
6-3-1 2℃目標の変遷 p.30
6-3-2 内容を変えた2℃目標 p.31
6-3-3 2℃目標の変更 p.32
6-3-4 2℃目標の放棄 p.32
6-4 長期net ゼロCO2 エミッションに向けて(提案) p.32
6-4-1 新たな目標「MNEs なしの長期net ゼロCO2 エミッション」 p.33
6-4-2 Net zero CO2 排出実現とその技術 p.34
7、気温上昇はどこまで許容可能か p.36 

kokusai2-61(MNEmirai)