国際森林条約研究資料その2(2004/1/18)

以下の 国際森林条約の関係資料を追加します。

1 国際会議での合意文書(和訳)

(1)森林に関する政府間パネル(IPF)最終報告(1997年)の和訳

地球サミットのフォローアップのために、1995年の第三回持続可能な開発委員会CSDで決められたIPFが1997年の第五回会合で採択した文書。行動提案が含まれています。

(2)森林に関する政府間フォーラム行動提案(2000年)の和訳

上記を引きついで設置されたフォーラムの第四回会合で採択されたもの。

1992年の地球サミットで採択された、森林原則声明後の、最も権威のある政府間合意です。林野庁が和訳したものの提供を受けましたので、研究資料に追加します。

2 その他の文献

(1)森林条約に反対する市民宣言(英文)

1997年のIPF第四回会合に向けで発表された、NGO80団体の声明
現時点で性急に森林条約をつくるのは、緩い基準への合意、生物多様性条約への桎梏、など、6つの理由をつけ反対声明をだしました。米国と環境NGOの反対への転換は大きなターニングポイントでした。(オンラインのテキストが少なくなってきているので、このサイトにおきます)、
作成年 文献名 著者 関連情報 備考
国際会議での合意文書
1992 A UNCEDアジェンダ21森林部分 UNCED 英文テキストリンク
1992 A UNCED森林原則声明 UNCED 英文テキストリンク 
和文テキスト
1997 A 森林に関する政府間パネル最終報告 IPF 英文テキストリンク 
和文テキスト
new
2000 A 森林に関する政府間フォーラム行動提案 IFF 英文テキストリンク 
和文テキスト
new
基本的な文献
1990 B 熱帯林行動計画独立評価報告書 英文テキスト関連部分 同和文 概要
1990 B 先進国サミットヒューストン会合への国際森林条約提案 米国政府 英文テキストリンク 概要
1997 森林条約に反対する市民団体声明 英文テキストnew

 2004/1/18改訂