ウッドマイルズ研究会の第一回総会 準備期間を終えて(2004/5/16)

ウッドマイルズ研究会の第一回の総会が4月下旬に岐阜県森林文化アカデミーキャンパス内で開催されました。

↑クリックで大きな図

昨年6月に発足したばかりの研究会ですが、売り物にしている「ウッドマイルズ」は、森林林業白書に取り上げられたり、中央環境審議会での議論にになったりで、少しは環境を示す指標として話題を提供することになってきました。

今回の総会では、今までの準備期間を踏まえて、具体的な事業に踏み出してゆく具体的な方針が確認されました。

その一つが、近い山の木や材料の履歴にこだわる住宅メーカー・工務店と,、研究会が連携をとって、ウッドマイルズの普及を進めてゆく「ウッドマイルズレポート事業」です。

住宅メーカー・工務店は自社の供給する家の、標準的な設計と木材の調達経路を提供し、研究会はそれに基づき、「○○住宅のウッドマイルズレポー」トを作成します。

そのレポートには、住宅のウッドマイレージや、それから排出されるCO2の量など、供給する家の環境負荷と、普通の住宅と比べた環境負荷の差などを、消費者にわかりやすいイラスト入りで説明されるというものです。法人会員向けのサービスとして今年度から開始されることになります。

(レポートの詳しい仕様や条件などについては研究会にお問い合わせ下さい。こちら→info@woodmiles.net

その他に、研究会の活動として、都道府県職員向けのウッドマイルズセミナーの開講、ウッドマイルズマニュアルの改訂、サステイナブル建築世界会議への取り組みなど本格的な研究会の活動が展開します。ウッドマイルズ研究会2004年活動予定→研究会HPより