森林の多面的機能評価のリーダーが、次世代の市民とともに歩む森林の在り方を熱く語るー勉強部屋Zoomセミナー第4回御案内(2022/11/15)

第4回持続可能な森林経営のための勉強部屋Zoomセミナー

タイトル: 森林の多面的機能評価のリーダーが、次世代の市民とともに歩む森林の在り方を熱く語る

ゲスト:太田猛彦さん、FSCジャパン代表

日時:2023年1月14日(土曜日)14時から

持続可能な森林フォーラムでは、皆さんとのコミュニケーションを双方向で深めていくため、ゲストをむかえて、Zoomセミナーを開催しています。

1月14日に開催の、今年度第4回目は、ゲストに、太田猛彦さん、FSCジャパン代表をむかえ、「森林の多面的機能評価のリーダーが、次世代の市民とともに歩む森林の在り方を熱く語る」という演題で、お話を伺い意見交換をさせていただくことになりました。

FSCの代表として消費者と連携した森林のガバナンスの可能性をしっかり伺いたい!!というのは当然なんですが、日本学術会議の森林の多面的機能の評価プロジェクトの中心においでになった、書籍「森林飽和」の著者

 2003年より東京大学名誉教授。森林と水の関係を中心に、治山・砂防、森林管理、森林行政、環境行政、流域圏管理、技術者教育等に幅広く発言している。かわさき市民アカデミー学長、著書に「森林飽和」「ダムと緑のダム」など

参加はこちらからどうぞ→参加ご希望の方はこちらから御連絡ください

素晴らしい内容を多くの方の共有できるように、持続可能な森づくり向けたビジネスネットワーク構築を進めている株式会社森未来さんと、共催企画としています。

konosaito3-13<zoommt22-4th>

■いいねボタン