ニュースレター No.2292018年9月23日発行 (発行部数:1436部)

このレターは、「持続可能な森林経営のための勉強部屋」というHPの改訂にそっておおむね月に一回作成しています。

情報提供して いただいた方、配信の希望を寄せられた方、読んでいただきたいとこちら考えて いる方に配信してます。御意見をいただければ幸いです。 

                         一般社団法人 持続可能森林なフォーラム 藤原


目次
1 フロントページ:気候変動枠組み条約の今後の展望と吸収源の位置づけ(2018/9/23)
2. 環境経済・政策学会2018年コレクション(2018/9/23)
3. 文京区議会における木材利用・間伐材利用の議論(2018/9/23)
4.  日本の家具産業の違法伐採問題への取り組み(2018/9/23)
5. いろんな学会とのつながりー勉強部屋ニュース229号編集ばなし(2018/5/20)(2018/9/23)

フロントページ:気候変動枠組み条約の今後の展望と吸収源の位置づけ(2018/9/23)
 図1 2度C・1.5度目標とプレッジのギャップ
SEEPS2018山口論文4ページ

環境経済・政策学会2018に出席しましたが、そのポイントの一つは、気候変動枠組み条約の議論の進展の大きな枠組みのなかでの、森林の位置づけ、取り扱いの方向性です。

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の主要なメンバーであった地球環境産業技術研究機構 山口光恒氏が「2030年及びそれ以降の気候変動戦略-短期・中長の観点から」ど題する報告をされたのでその内容を紹介します。

2030 年及びそれ以降の国際枠組みの検討と題する論文(以下SEEPS2018山口論文)がネット上に掲載されています。

(パリ協定の長期目標と各国の短期誓約(プレッジ)のギャップ)

パリ協定は気温上昇を(工業化前の時代に比べ)2度C以下に抑えることとし(第2条1a)、その達成に向けて参加国は自主的目標(プレッジINDC)を提出し(第3条)、それをチェックしていくというしくみになっています。

SEEPS2018山口論文では、提出されたINDCの内容と長期目標との関係を、既報のさまざまな論文を根拠に詳しく分析しています。

その結果をしめすのが、図1で、現在提出されているプレッジが達成されたとしても、2度Cに向かっていくことは難しい、としています。

根拠とされた引用論文:UNEP (2017), “The Emissions Gap Report 2017, A UN Environment Synthesis Report”, November 2017

(ギャップを埋める大量の吸収量)

 
 図2 2度達成シナリオの例示
SEEPS2018山口論文26ページ

このギャップの整合性をとるためには、大量のマイナス排出(MNEs)が必要となります。

その例示が、図2です。

時間軸は2010年から2100年までですが、排出量から吸収量を差し引いたネットの排出量は2090年ごろまでにゼロにする必要があり、2100年の段階でGHG排出量は20Gtほどあるが、それを上回る吸収量が必要となります。

吸収量は茶色のバイオマス地中埋設(BECSS),と、灰色の土地利用(ほとんどが森林(植林・再造林)からなっています。

BECCSについては、森林を畑にしてバイオマスを地中化するBECCSの功罪ーNature Communication掲載論文(2018/8/18)などを参照していただくことにして・・・

「AR/RF であるが、同じく2℃目標を前提にすると、吸収量は2100 年に中央値が1.1GtC(最大で3.3GtC)となり、こちらはha あたりの吸収量を中央値の3.4tC とすると、1.1-3.3GtC を吸収するのに必要な土地面積は3.2~9.7 億ha となる」(SEEPS2018山口論文25ページ)としています。

根拠とされた引用論文:Smith et al. (2015), “Biophysical and economic limits to negative CO2 emissions”, Nature Climate Change 6 42-50

(一定の森林の吸収量(若齢)がそのままカウントされ、若齢に維持されたまま、収穫された木材が、腐朽せずに隔離される、という前提でモデルがのようにみえますが、私としては引用論文までチェックしていません)

その他、大量の吸収源METsの評価に関して引用された文献以下の通り
Anderson, K., and Peters, G. (2016), “The trouble with negative emissions, Reliance on negative-emission concepts locks in humankinds’s carbon addiction”, Science 354 182-183
Williamson, P. (2016), “Scrutinize CO2 removal methods”, Nature 530 153-155
Newbold et al. (2015), “Global effects of land use on local terrestrial biodiversity” Nature 520 45-50

SEEPS2018山口論文では「寡聞にしてモデル計算以外で数百億トン単位でのNEs を可能とする説得力のある文献は見ていない。こうしたこと、それに種の多様性とのTrade-off や住民の反対を含む社会経済的要因を加味すると、ほとんどの専門家はMNEs は実現困難と考えていると思うし、こうした状況の中でこれほど多量のBECCS を前提にして目標を組むのは一種の賭けではないかと思う」としています。(SEEPS2018山口論文29ページ)

SEEPS2018山口論文では根拠の論文が丁寧に紹介されており、是非多くの森林関係者が、,この論文を一読されることを期待します。

以下に目次を掲載します

1、パリ協定の内容 p.3
2、2030 年に向けてのプレッジと長期目標のギャップ p.3
3、プレッジの内容 p.5
4、プレッジの履行可能性 p.8
4-1 Nature 誌のコメント p.8
4-2 アメリカの状況分析 p.9
4-3 プレッジの信頼性からの分析(特に途上国について) p.9
4-4 コスト面からの分析 p.9
5、先進国プレッジ不履行の場合の対応(短期の観点から) p.11
5-1 Global Stocktake と促進的対話 p.11
5-2 Equity(衡平性)を基準にした評価 p.12
5-2-1 文献からみたEffort sharing(Burden sharing) p.12
5-2-2 Effort sharing の問題点と対応 p.15
5-3 削減コストから見たプレッジの評価 p.17
5-3-1 Aldy とPizer の論文 p.17
5-3-2 Aldy, Pizer & Akimoto の論文 p.19
5-3-3 モデルによるコストの相違 p.19
5-3-4 BAU に敏感なコスト p.21
5-4 先進国プレッジ不履行の場合の対応(短期の観点から) p.22
5-4-1 多様な指標による評価 p.22
5-4-2 プレッジ内容の透明化 p.23
5-4-3 プレッジの実現可能性に関する自国による見直し p.23
5-4-4 2℃目標との整合性の自国による検証 p.24
6、長期対策としての2℃目標と政策指針としてのCO2 ゼロ排出 p.25
6-1 2℃目標と大量のマイナス排出(MNEs)の可能性 p.25
6-1-1 MNEs の仮定の上に成り立つ2℃目標 p.25

6-1-2 MNEs の実現可能性 p.27

6-2 エネルギー需要大幅減の可能性 p.29
6-3 2℃目標の再考 p.30
6-3-1 2℃目標の変遷 p.30
6-3-2 内容を変えた2℃目標 p.31
6-3-3 2℃目標の変更 p.32
6-3-4 2℃目標の放棄 p.32
6-4 長期net ゼロCO2 エミッションに向けて(提案) p.32
6-4-1 新たな目標「MNEs なしの長期net ゼロCO2 エミッション」 p.33
6-4-2 Net zero CO2 排出実現とその技術 p.34
7、気温上昇はどこまで許容可能か p.36 

kokusai2-61(MNEmirai)


環境経済・政策学会2018年コレクション(2018/9/24)

9月8-9日標記大会が上智大学四谷キャンパスで開催されました。この大会は小サイトの立ち上げの動機に係る重要な大会でもあり出席してきました。

プログラムとすべての報告要旨がこちらのサイトからダウンロードできます。

この学会で持続可能な森林の管理というグローバルでローカルな課題がこどう取り上げられているのか、気になるところです。森林を直接テーマとしたセッションがなくて少し残念ですが、森林に関係ある報告を報告します。

①気候変動に関する国際的なフォーラムに深く関わっている研究者などよる枠組み条約を俯瞰する報告の中での森林吸収源の取り扱い、②生物多様性評価のセッションの中での森林、③公共事業のあり方に関係するグリーンインフラ論などが、トピックスです。

論題 発表者 要旨リンク 内容
  気候変動枠組み条約の将来にむけた効果的な管理論の中での森林の位置づけ  
2030年及びそれ以降の気候変動戦略 短期・中長期の観点から 山口光恒(地球環境産業技術研究機構) 要旨2ページ
発表論文
パリ協定の30年を中心とする各国の誓約(NDC)は,パリ協定の目標に対して不十分。パリ協定枠内出見直しの提案。森林を含む吸収対策に位置づけは?(別途報告
気候変動緩和策椎心計測指標(C-PPI)を利用したG20メンバー国に対策評価 亀山康子(国立環境研究所)、他 要旨4ページ
関連ページ
パリ協定の緩和目標の評価をするツールを開発。四つのゴールの4番目は、森林保全等の土地利用。G20の国を三つのグループにわけて評価した。(別途報告予定)
生物多様性・自然資源管理セッション
農山村において森林に関わる幸福度に影響を及ぼす要因の実証的検討:滋賀県野洲川上流域対象として 高橋卓也(滋賀県立大学)、他 要旨4ページ
発表資料
森林に関して満足しているか。充実感をえているか、よいと思っているか、問題があると思っているか、の4つの「満足度」の由来をアンケートにより分析した。(別途報告予定)
木材関連企業の合法制度へ対応 百村帝彦(九州大学) 要旨6ページ 家具、住宅メーカーなどに、自社製品に関する違法伐採のリスク、クリーンウッド法の関連する考えを聞いた。積極的に登録を進めるが、2割。
   グリーンインフラGIの経済的評価論セッション  自然環境の持つ防災・水源環境機能を人工的インフラ(グレーインフラ)と代替として活用するGIの検討
グリーンインフラは土地利用に関する合意形成を複雑化させか ー二つの選択型実権の結果を踏まえて 金慧隣 (北海道大学)、他 要旨
44ページ
遊水池のトリ生育地・自然環境GIとしての機能と、洪水防止のための特定地域の便益に関する機能の調整の可能性について
   部分プロファイル選択実験による森林の生態系サービスの経済評価  拓殖隆宏(甲南大学)、他 要旨46ページ  GI評価のための表明選考(アンケート)手法の中で、多面的な機能を回答者に分かり易く伝達する手法
   グリーンインフラの経済学的特徴と意義  大沼あゆみ(慶応大学) 要旨48ページ  GIの防災機能に着目し、GIと人工を組み合わせたハイブリッドインフラ、ソフトを組み合わせたシステムを提示
   自然環境施設の評価手法とグリーンインフラへの適用可能可能性  栗山浩一(京都大学) 要旨50ページ  自然環境施策、GIなどの経済評価論文をレビュー。GI評価につなげるには、住民の理解などの課題がある。

報告者にはいろいろご協力をいただきました。

今後とも追加情報を掲載します

gakkai<seeps2018>


文京区議会における木材利用・間伐材利用の議論(2018/9/23)

いろんな事情で地元の文京区議会の議論をフォローしていますが、都会の議会で、森林の議論がされているのに気がつきます。

傍聴した最近の本会議質問から。2018年06月08日:平成30年6月定例議会本会議(第4日)

議事録はこちらにあります

---

 森守議員 (自民党)

最後に、公共建設における間伐材の利用について伺います。
 この質問も、私のライフワークの一つと考えていきたいと思います。
 日本の国土の六八%が森林であります。森林は、国土を守るための機能を多く持っています。例えば、奇麗な水を作り、貯めておく保水機能と水質浄化機能、そして、大雨などでも土砂が流れにくい土砂流出抑制機能などです。
 私は、この他、美しさを挙げたいと思います。新緑の季節、また、紅葉の季節、大いに私たちを楽しませてくれます。
 さらに、森林と海との関係では、海のプランクトンが豊富にあるのは森林のお陰と、東北の、あるカキの養殖業者は述べています。
 森林の持つ多面的な機能はこれだけではありません。地球温暖化防止であります。なかなか進まない地球温暖化対策です。
 日本ができる対策の一つとしては、森林を保全、整備することであります。手を入れないほったらかしの森林は、太陽が根元まで届かず、荒れ果てて、山は死んでしまいます。木の根が浅く、大雨が降った後に地滑りを起こします。ですから、間伐の作業が必要となります。しかし、森林従事者が減っており、その対策も重要になっています。
 区の公共施設建設については、既に、環境に配慮した施設になるよう、省エネルギー対策も配慮した太陽光発電、屋上や壁面の緑化など、建設施工に取り入れており、評価いたします。その中で、木を使った施設も多くなっているような気がします。
 東京二〇二〇オリンピック・パラリンピック競技大会の象徴的な施設である新国立競技場も、木材をふんだんに使った設計となっているのは喜ばしいことであります。
 私たち会派は、昨年度の視察で、富山市のTOYAMAキラリを見てきました。この施設は、図書館とガラス美術館が一体となった建物で、平成二十七年五月に竣工しました。富山市の新しいシンボルとして設計されたのであり、市街地のど真ん中に立地してあります。
 そして、何より、ふんだんに富山県産の杉材を使っており、玄関に入場すると杉の香りが漂い、温かみのある雰囲気を醸し出しています。館内は吹き抜けとなっており、幅の広い厚い杉材がその吹き抜けを包んでおり、壁や天井も杉材を使用しており、温かみのある空間ができ上がっています。
 杉の板を並べると、約十キロメートルもの長さになるそうです。本当にすばらしいと感じた次第です。
 平成二十二年に、公共建築物等木材利用促進法という法律ができました。これを受けて、既に県レベルでは国産材の利用に取り組んでいるところもあると聞いております。
 本区においても、学校施設快適性向上事業の中で、木材を大いに利用した箇所があります。廊下の壁面改修などに木材を使いました。この学校を視察しましたが、木の温もりがあり、温かみを感じました。学校も、地域の評判は良いとのことです。
 日本各地で木材をふんだんに使った施設ができています。私の知っている情報でも、三階建ての校舎を木造建築で行っているところがあるようです。
 区内では、防火地域との関係でそこまではできませんが、できるだけ、公共施設の建設に当たり、木を取り入れてほしいものです。
 そこで質問ですが、これまでの取組の実績と、今後、小学校を始めとした幾つかの公共施設建設に当たり、木材利用の計画についてお答えください。
 また、木材利用の促進から、様々な取組を行っている自治体もあります。植林や木工体験、また、二酸化炭素固定認証制度を導入した区もあります。
 改めて、木材の利用と環境貢献といった点で、施策の取組を研究してはどうかと思いますが、区長の見解をお聞きします。

成澤区長(答弁)

最後に、公共建設における間伐材の利用に関する御質問にお答えします。
 まず、木材利用の実績と今後の計画についてのお尋ねですが、これまでも、保育園や図書館などの改修工事や、小学校六校、中学校五校の学校快適化工事において、国産木材を使用してまいりました。
 本年度は、小学校四校、中学校二校で国産木材を使用することとしております。
 今後予定している小学校等の改築工事についても、国産木材の利用を進めてまいります。
 次に、木材の利用と環境貢献の視点での取組についてのお尋ねですが、区では、環境基本計画に基づき、地球温暖化防止対策や低炭素・循環型社会の形成に向けた様々な取組を進めております。御指摘の視点での施策も重要であると認識しております。
 環境教育として実施した昨年の親子環境教室では、森林の役割について楽しく学びながら、親子でクリスマスリースを作り、自然や環境に対する意識の高まりが見られたところです。
 今後も、普及啓発活動や環境教育を実施するとともに、木材の利用と環境貢献といった視点から、先駆的な施策について、更に調査研究してまいります。 

「先駆的な施策の検討調査検討」がどんなものか、興味がありますね。追って報告します。

koklunai13-3i(bunmokuzai2)


 日本の家具産業の違法伐採問題への取り組み(2018/9/23)

林業経済研究所の日本の家具産業に対するクリーンウッド法を普及する委託事業に携わっています。

その中で、オーストリアと中国で行われる家具の展示会で、ブースを設置し来場者に日本のクリーンウッド法を知らせて、それに取り組む家具事業者を紹介するという仕事があります。

そこで作成した普及用のパンフレットの内容をウェブ上で紹介することとなり、日、英、中、独4カ国語のページが公開されましたので、紹介します。

こちらからどうぞ、→日本の家具産業の違法伐採問題への取り組み

ドイツ語圏、中国の人に日本の違法伐採問題への取組をどのように訴求するかは、議論があるところですが、日本がやってきたガイドラインによる合法木材の取組の到達点と、その発展方向」という筋書きであるはずだ、と思い込んで、作成に取り組みましたが、異論もあり・・・

でも、楽しい作業だったです。

boueki4-72<CWkagu>

 いろんな学会とのつながりー勉強部屋ニュース229編集話(2018/9/23)

ひさしぶりで、(都内で開催されたので、ということもあり)環境経済・政策学会大会SEEPS2018に出席してみました。私自身が研究者ではないので、あまり学会とは疎遠だったのですが、このサイトを立ち上げるにあたり、知人に紹介されて、この学会に出席してみました(2000年環境経済・政策学会大会)。

「『地球環境の視点から、日本の森林と木材を考える』産官学民の情報交流の広場をめざします」、という風呂敷を広げている関係で、その後、学会には森林学会とか、林業経済学会とかグランドを広げて?きましたが、環境という側面で政策ツールを議論の場所として、SEEPSのベースは頼りになります。森林に関するセッションもなく物足りないのですが、今回の山口光恒氏の報告の他に、今後、あと2本ばかり報告の紹介をする予定です。

次号以降の予告、森林環境譲与税の施策事例集、「国民と森林」への寄稿、環境経済・政策学会SEEPS2018報告紹介(続き)、、

konosaito<hensyukouki>


最後までお読みいただきありがとうございました。

藤原敬 fujiwara@t.nifty.jp